So-net無料ブログ作成

隠れ冷えが原因の夏の不調とは

夏は体の調子が悪くなると感じる方も多いのではないでしょうか。
夏に起こりがちな体力の低下や不眠、肌トラブル、体のむくみなど、実は冷えが原因で起こっていることが多いそうです。昔に比べて、今は生活環境や習慣から誰でも体に冷えを蓄積しやすいのです。特に夏は、内蔵の疲労などで体の内側から冷える隠れ冷えの症状に悩まされる人が急増します。

夏バテを感じたり、肌状態が悪化したり、夏に太るという人はこの隠れ冷えが原因かもしれませんよ。暑くてだるくてやる気が出ないという夏バテ症状にはまず自律神経を整えることが大切です。

夏に体力や気力が落ちる人は、体が冷えて自律神経の働きが乱れていることが多いので、質のいい睡眠や筋肉を整えることで、自律神経の働きが改善され、体のリズムが戻ってみるみる元気になります。早速試したいのが、朝はしっかり朝日を浴びること、夜は間接照明で過ごすという方法です。簡単なことですが、体内時計が強化されて眠りの質が上がりますよ。
nice!(1) 
共通テーマ:お笑い

nice! 1